【ドライバー必見】オススメ居眠り運転防止グッズまとめ|最強の眠気対策グッズ4選

ーー現在、日本で起きている交通死亡事故の約4割が居眠り運転とも言われている。ちゃんと睡眠の時間を取るのが最重要ではあるが、そうもいかない忙しい貴方のために、今回は居眠り運転を防止するためのグッズをご紹介しよう。

【ドライバー必見】居眠り運転の原因6つと対策7選|マイクロスリープの危険性・原因・予防

居眠り運転防止 眠気対策グッズ1:居眠り防止くん

ムコQ

とりあえず安い!

「命を預ける」とまではいかないが、安すぎると少し不安だ。

この商品は、スイッチをONにして耳にかけるだけ。頭が一定以上傾くと、角度を感知してアラームで警告してくれるスグレモノだ。耳の至近距離からアラームが鳴るので起きる事間違いない。

使用するのはボタン電池(AG13)×3つだ。

居眠り運転防止 眠気対策グッズ2:居眠り防止ヘッドバンド

ムコQ

音楽も聞ける!

この商品も、頭が傾いた角度を感知して警告するグッズだ。だがコチラはアラームではなく、マイクロモーターの振動でドライバーに知らせてくれる。

55gのこの商品は、居眠り防止の機能の他にも凄い機能を搭載している。

凄い機能
  • よそ見運転などの、視線のそれも感知
  • Bluetoothでスマホと接続すれば音楽も聴く事が出来る
  • 着信時には頷くだけで通話を開始できる(頭を振ることで拒否できる)

さらに充電式なので、電池を買うまどろっこしさは無い。

居眠り運転防止 眠気対策グッズ3:アイキャッチャー

ムコQ

ガチなやつだ!

この商品は、高度な顔認証と瞳孔検出によって、1秒以上目が閉じている場合に注意を促してくれるスグレモノ。さらにはあくびや脇見運転にも注意してくれるのだ。

レビューを見てみると、『厳しすぎる』との声もありましたが、居眠り運転防止グッズとしては優秀との事。

ムコQ

くどいくらいがちょうど良いかもね!

12V/24V両対応の、シガーソケットより給電して使用できる。さらに、メガネや薄めのサングラスを着用しながらでも使用できる。

居眠り運転防止 眠気対策グッズ4:ガム・昆布

ムコQ

流れを完全に無視したよ!

長い間咀嚼できるものは、居眠り運転の防止になる。詳しくはこの記事に書いたのであわせて読んでもらいたい。

【ドライバー必見】居眠り運転の原因6つと対策7選|マイクロスリープの危険性・原因・予防

まとめ

疲れたら仮眠を取るのが一番。無理してハンドルを握るのはオススメしない。

しかし、止むを得無い状況ならきちんと対策をした方が良い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です